Gusがキュー製作を始めた1970年頃は、カスタムキューなどというのはまだそれほど普及しておらず、キュー作りとは大体が1ピースのハウスキューを2つに切ってジョイントを付け、糸巻きをしてテーパーを削って…、という時代でした。
1988年に亡くなったGusの、20年近くに及ぶ期間の生涯製作本数は著しく少なくて、一般的には1200〜1600本程ではないかと言われていますが、私は1000本前後ではないかと推察しています。その理由は大きく2つあり、当初の4、5年はまだ上手にできなくて試作期間だったこと、もうひとつは、Gusのこだわりでほとんど全てにハギを入れ、またパンタグラフによるインレイとポケットで手がかかっていたことです。とても年に100本も作れるとは思えません。1本1本をお客さんのプレイスタイルを聞きながら製作されたGus Szambotiは、まさに最初にして最高のカスタムキューと言えるものだと思います。    (2012.10 By Lucky)

  Gus Szamboti-055
70年代末に製作されたGus Szamboti。1オーナーキューである。
全体に軽く手を入れてあるが、オリジナルの風合いをしっかり残している大変わかりやすい1本。
こんなどっしりした風格と輝きはまずなかなか探せない。
本物をお探しの方に是非お持ち頂きたい 最高のGus Szambotiです。

Weight : 20.45oz、21.05oz Used \ ASK